小石薫事務所

相続登記・遺言・成年後見・家系図作成なら長崎県五島市の小石薫司法書士事務所

文字サイズ


名義変更登記の手続
不動産に関する登記
不動産の名義を「相続」以外の原因、例えば、よくあるな「売買」「贈与」により変更する場合、その所有権移転登記手続には、次のものが必要です。
不動産の名義を譲り渡す人(売主、贈与者等の登記義務者)
① 登記済権利証(または「登記識別情報通知」)
 ・紛失している場合には、幣事務所にご相談下さい。
② 実 印
③ 印鑑証明書
 ・1通必要です。有効期限は、交付日から3か月以内です。
④ 本人確認の書類
 ・運転免許証、健康保険証等
こんな場合には・・・
Ⅰ  登記記録上の住所と現住所が違うとき
住民票(または「戸籍の附票」)
  • 住民票に登記記録上の住所が記載されていないときには、 追加書類の取り寄せ方法を幣事務所にお尋ね下さい。
    ご依頼頂ければ、幣事務所で取り寄せます。(有料)
Ⅱ  名義を変えたい土地の番号(地番)がわからないとき
課税資産明細書
  • 市役所税務課から、毎年、年度当初に郵送されてきます。
    ご依頼頂ければ、幣事務所でその書類に代わる「名寄せ帳」を取り寄せます。(有料)
不動産の名義を譲り受ける人(買主、受贈者等の登記権利者)
① 住民票(または「戸籍の附票」)
 ・1通必要です。有効期限はありません。
  ご依頼頂ければ、幣事務所で取寄せます。(有料)
② 印 鑑
 ・「認め印」でもかまいません。
③ 本人確認の書類
 ・運転免許証、健康保険証等

《売買の場合》

④ 売買代金
 ・通常、買主は、売買代金の支払と引き換えに、
  売主から名義変更に必要な書類を受け取ります。
宅地建物の売買
通常の売買
  1. チェック  売買契約の成立 
    1. 売買契約書を作成する場合は、幣事務所にご依頼下さい。
+
  1. チェック  手付の交付(必要に応じて) 
    1. 手付は、売買代金の10%~20%程度が一般的です。
      買主は手付を放棄(手付流れ)し、売主は手付の倍額を返還(手付倍返し)して、
      契約解除や契約違反による相手方の損害賠償にあてます。
矢印
  1. チェック  事前の準備 
[ 売 主 ]
  • 売買不動産に抵当権等が設定されている場合は、金融機関とその抹消について協議
  • 相続登記・分筆登記等、事前に必要な手続を行う
[ 買 主 ]
  • 金融機関から売買代金の融資を受ける場合は、借入申込み手続
  • 融資が実行可能な日を確認して取引の決裁日を决定

矢印
  1. チェック  取引の決済 
    1. 買主は、売買代金の支払と引き換えに、売主から名義変更に必要な書類を受け取ります。
矢印
  1. チェック  所有権移転登記手続 
    1. 幣事務所が、所有権移転登記を法務局に申請します。
+
  1. チェック  抵当権設定登記の手続 
    1. 買主が融資を受ける場合、同時に抵当権設定登記も申請します。
矢印
取引完了
宅地建物の売買
登記済権利証(または登記識別情報通知書)を紛失しているときの売買
  1. チェック  売買契約の成立 
    1. 売買契約書を作成する場合は、幣事務所にご依頼下さい。
矢印
[ 売 主 ]
  • 売買不動産に抵当権等が設定されている場合は、金融機関とその抹消について協議
  • 相続登記・分筆登記等、事前に必要な手続を行う
[ 買 主 ]
  • 金融機関から売買代金の融資を受ける場合は、借入申込み手続
  • 融資が実行可能な日を確認して取引の決裁日を决定

矢印
チェック  2つの方法のいずれかを選択
本人確認情報(有料)
本人確認情報の作成
  • 司法書士が、売主と面談した上で、本人確認を行い、人違でない旨の書類を作成します。
〔本人確認の主な書類〕
①1つでよい場合
運転免許超 住基カード パスポート
①2つ以上が必要な場合
国民健康保険・船員保健・後期高齢者医療・介護保険の被保険者証
国民年金手帳 身体障害者手帳
上記以外の書類は弊事務所にお尋ね下さい。
矢印
取引の決済
  • 買主は、売買代金の支払と引き換えに、売主から名義変更に必要な書類を受け取ります。
矢印
所有権移転登記手続
  • 幣事務所が、所有権移転登記を法務局に申請します。
事前通知(無料)
所有権移転登記手続
  • 登記済権利証等を添付しないまま、所有権移転登記を法務局に申請します。
矢印
事前通知書の発送
  • 法務局から売主に対し、意思確認の書類(=事前通知書)が郵送されます。
矢印
事前通知書の受領
  • 売主は、事前通知書を受け取り、署名押印(押印は実印)します。なお、受取人は、売主本人のみです。
矢印
取引の決済
  • 買主は、売買代金の支払と引き換えに、売主から署名押印後の事前通知書を受け取ります。
矢印
通知書の返戻
  • 法務局に事前通知書を戻します。通知書の発送日から2週間以内に戻らないと、登記申請は却下されます。

矢印
取引完了
宅地建物の売買
遠隔地に住む売主が、取引決済に立ち会えないときの売買
  1. チェック  売買契約の成立 
    1. 売買契約書等の必要書類は、郵送による方法でやり取りします。
矢印
  1. チェック  事前の準備 
[ 売 主 ]
  • 売買不動産に抵当権等が設定されている場合は、金融機関とその抹消について協議
  • 相続登記・分筆登記等、事前に必要な手続を行う
[ 買 主 ]
  • 金融機関から売買代金の融資を受ける場合は、借入申込み手続
  • 融資が実行可能な日を確認して取引の決裁日を决定

矢印
  1. チェック  取引の決済 
  • 弊事務所は、名義変更に必要な書類を作成し、先に買主から署名押印を頂きます。
矢印
  • 弊事務所は、売主に上記の書類を郵送します。
矢印
  • 売主は、上記の書類に署名押印のうえ、登記済権利証(または登記識別情報通知)、印鑑証明書、本人確認の書類(運転免許証・健康保険証等の写し)をそえて弊事務所に返送して頂きます。
矢印
  • 幣事務所は、必要書類を預かったことを買主に連絡します。
矢印
  • 買主は、売主が指定する金融機関の口座に売買代金を送金して頂きます。
矢印
  • 売主は、入金を確認したら、幣事務所に連絡して頂きます。
矢印
  1. チェック  所有権移転登記手続 
    1. 幣事務所が、所有権移転登記を法務局に申請します。
矢印
取引完了
宅地建物の売買
住宅建築の目的で農地を売買する場合
前半の手続き=売主・買主
  1. チェック  売買契約の成立 
    1. 農地法の許可を条件とする売買です。
      許可がおりなかった場合には、契約は無効になります。
  1. チェック  事前の準備 
[ 売 主 ]
  • 分筆登記
    農地の一部を売買する場合は、土地の分筆登記が必要
  • 相続登記
    未了であれば、事前に申請
[ 買 主 ]
  • 建築計画の具体化
  • 住宅ローンの申込み
    住宅ローンを利用する場合は、金融機関に申込みの手続をとり、「融資予定証明書」を発行してもらいます。

矢印
  1. チェック  農地転用許可の申請手続 
  • 農地転用許可の申請
矢印
  • (申請内容の審査)
矢印
  • 県知事の許可
 

矢印
  1. チェック  取引の決済 
    1. 買主は、売買代金の支払と引き換えに、売主から名義変更に必要な書類を受け取ります。
矢印
  1. チェック  所有権移転登記手続 
    1. 幣事務所が、所有権移転登記を法務局に申請します。
矢印
取引完了
住宅ローンの最終資金を受領
前半の手続き=買主のみ
  1. チェック  土地建物に関する登記手続 
次の登記手続が必要です。
 土地:地目変更登記(田・畑 ⇒ 宅地)
     登記名義人住所変更登記(旧住所 ⇒ 新住所)
 建物:建物表題登記 所有権保存登記
矢印
  1. チェック  金融機関に書類提出 
    1. 土地建物に関する登記完了書類(登記識別情報通知、登記事項証明書等)と抵当権設定登記手続に必要な書類を金融機関に提出します。
矢印
  1. チェック  抵当権設定登記手続 
    1. 金融機関が、住宅ローンの担保として土地建物に抵当権を設定します。
矢印
住宅ローンの最終資金を受領
矢印
手続完了
宅地建物の売買
現地がすでに非農地化している農地を売買する場合
  1. チェック  売買契約の成立 
    1. 売買契約書を作成する場合は、幣事務所にご依頼下さい。
矢印
  1. チェック  事前の準備 
[ 売 主 ]
  • 売買不動産に抵当権等が設定されている場合は、金融機関とその抹消について協議
  • 相続登記・分筆登記等、事前に必要な手続を行う
[ 買 主 ]
  • 金融機関から売買代金の融資を受ける場合は、借入申込み手続
  • 融資が実行可能な日を確認して取引の決裁日を决定

矢印
  1. チェック  非農地証明書交付願の手続 
    1. 売主は、農業委員会に非農地証明書の交付手続をとります。
非農地であることの証明基準
下記の3つの条件をすべて満たす必要があります。
(1) 登記記録上の地目が「田」「畑」であるにもかかわらず、
    現況が非農地化した土地であること
(2) 「農用地区域」外に位置する土地であること
(3) 非農地化の原因が下記のいずれかであること
  1. ①  非農地化の原因が人為的なものである場合
    20年以上引き続き非農地である土地
  2. ②  非農地化の原因が人為的でない場合
    災害により表土流出、もしくは土砂流入などの被害を受け潰廃した土地、または10年以上耕作されずに自然荒廃し、農地法が適用される農地と認められない土地
  • 非農地証明書交付の願出
矢印
  • (農業委員会の現地調査)
矢印
  • 非農地証明書の交付
 

矢印
  1. チェック  地目変更登記手続 
    1. 売主は、農業委員会から交付された非農地証明書を添付して、登記記録上の地目を農地(田・畑)から非農地(宅地・山林・原野・雑種地等)へ変更する登記を法務局に申請します。
矢印
  1. チェック  取引の決済 
    1. 買主は、売買代金の支払と引き換えに、売主から名義変更に必要な書類を受け取ります。
矢印
  1. チェック  所有権移転登記手続 
    1. 幣事務所が、所有権移転登記を法務局に申請します。
矢印
取引完了
相続登記
詳しくは、相続「心配解決のコツ」
印鑑の押し方
「書類に印鑑を押す」ということは、その人の最終的な意思を外部に表示する大切な行為です。
したがって、印鑑の写りが悪い場合は、押直しをお願いすることがあります。
印鑑をきれいに押すコツ
① 一度、別の紙に押してみて写りを確かる
② 印鑑マット、または、雑誌・新聞など少し弾力のある紙を下に敷く
③ 印鑑の目づまりは、針で掃除する
④ 朱肉が悪ければ交換する
⑤ 先に、捨て印、割り印、契印を押して写りを確かめながら、
最後に、名前の横に一番大事な印鑑を押す
  1. チェック  印影の良い例と悪い例 
印影の押し方
  1. チェック  押印の訂正の仕方 
押印の訂正の仕方